赤ちゃんの名づけについて

自分の子供への最初のプレゼントが「名前」。一生使うのですから素敵な名前をつけてあげましょうね。

城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

赤ちゃんの名前はどうやって決めたの?

赤ちゃんの名前、他のご夫婦はいつ、どうやって決めたのでしょう?
・産まれる前に既に考えていた
・性別が判明してから
・姓名判断の本やサイトで決めた
・苗字と画数を考えた
・自分たちの親戚が考えた

などが挙げられました。ここでワンポイントアドバイス!あまりに難しい漢字を使うとお子さんがある程度の年齢になるまで自分の名前を書けないことがあります。読み方も難しくするとパソコンなどで変換がしにくかったり、読み間違えられてしまったり少々面倒になったりすることもあるのでお名前は程ほどに!

新たに追加された人名漢字は488文字

2004年に人名漢字が488文字が追加されてますます名前を考えるのには幅が広がりました。

最近新たに加わった漢字で人気なのは、
林檎ちゃん 葡萄ちゃん 桔梗ちゃん 豹ちゃん 兎ちゃん 雀ちゃんなど。
昔読んだ漫画やアニメの名前をつけたかった人には人気名前みたいですよ。

ちょっと気になる有名人の名前

子供に名前を考えるに当たって使用不可な漢字もあります。中には漢字を間違えて出生届を出してしまった人も意外にいます。お名前はよく考えて、慎重に提出しましょう。有名人の方々の変わったエピソードをご紹介します。

タレント 千秋さん

子供に苺(いちご)ちゃんと名前をつけたかったが、当時苺は人名漢字には含まれていませんでした。しかし皮肉にも1年後に苺は人名漢字に新たに登録されました。娘の名前は、妊娠中に旦那さんの夢に出てき名前で有名な姓名判断家に見てもらい完璧な字画になっているそうです。完璧な千秋さんは自身のブログのサイト名に「苺同盟」とつけており、娘のこともブログ内では苺と呼んでいらっしゃいます。

タレント 中川翔子さん

薔薇という字を使って薔子(しょうこ)にしたかったそうなのですが、叔母が代理で出生届を提出した際に役所のスタッフに使えない漢字と聞かされ激怒し(なぜ?)、怒りのあまり平仮名で「しょうこ」と書きなぐってしまいました。しかし、ょとよの区別が付かなかったため、実は本名が「しようこ」となってしまっていたことを本人は成人してから知ったそうです。

タレント 神田うのさん

持統天皇の幼名「鵜野讃良皇女(うののさららのひめみこ)」から取った名前です。幼少時代ご両親はうのさんのことを「ひめみこ」の部分の「ひめ」と呼んでいたそうです。

亀田三兄弟 亀田和毅さん

本当は知毅と書いて「ともき」のはずが父親の亀田史郎さんが間違えて「知」を「和」と書いてしまったことから和毅と書いてともきと呼ぶのは有名です。

女優 菅野美穂さん

「美保」と書いてみほにする予定がお父さんが間違えて「美穂」と書いて提出してしまい、後からお母さんがお父さんに怒りまくったそうです。

女優 渡辺満里奈さん

父親がヨットが好きで「マリーナ」を由来でまりなと命名されたそうです。ご自身も今年11月に出産予定です。どんな名前を赤ちゃんにつけるのか楽しみですね。

関ジャニ∞ 渋谷すばるさん

母親が好きだった「2年B組仙八先生の本木雅弘さんがドラマで「森田すばる」役からとったそうです。男性なのに名前が平仮名で珍しく思われますが、当時「昴」という漢字は人名漢字ではなかったためです。