妊娠中の食生活と栄養摂取について

妊娠中は妊娠前と比べて味覚や食事の量が著しく変化します。妊娠中は栄養あるものを二人分取れば良いわけではありません。 難しく考えずに1日3食、たくさんの種類の食品をバランスよく食べるよう心がけましょう。

城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

妊婦の食事

妊娠前と比べ、妊娠中の食生活はガラリと変化します。妊娠初期はつわりで思うように食事が取れなかった人、つわりが収まった途端に食欲旺盛になる人。今まで好物だった物が受け付けなくなり、反対に苦手な物が大好きになったりと妊娠すると味覚が大変変化します。食べ過ぎて肥満になってしまうと妊娠中毒症になる恐れも出てきます。

妊娠中に特に必要な栄養

・カルシウム
・葉酸
・鉄分
・ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、たんぱく質

妊娠中の食生活のポイント

・3食規則正しく食べる
・1日30品目が目安
・薄味にする
・ゆっくり噛んで食べる
・糖尿病・腎臓病・高血圧が家族にいる、または過去になったことがある方
・塩分は控える

妊娠中の調理

つわりが酷い方にとって調理するのは大変なことですが、お腹の赤ちゃんのことも考えて、パパにも協力できることはしてもらいましょう。食材を加熱してもらったり、調理器具を清潔に保つことで流産と早産の可能性になる便秘と下痢を大幅に抑えます。