妊娠中の体重管理について

妊婦の体重は太りすぎても痩せすぎても出産に支障が出るほか、赤ちゃんへも影響がでます。

城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

妊婦と体重

なぜ、医師が妊娠中の体重に細かく注意するのかと言うと、安産を望むからです。安全な出産をするためにはママの体重が関係してきます。妊娠40週で妊娠前よりプラス10kg前後が望ましいとされています。「妊娠中は空気を吸っても太る」と言われるくらい、妊娠中はホルモンバランスの関係で妊娠前より皮下脂肪が付きやすくなっています。「妊娠中は2人分食べなければ」というのは食料が少なかった昔の話であって飽食の現代では2人分食べると言うことはありえません。

太りすぎた場合の出産の危険性

太りすぎた場合の危険性としてまず妊娠中毒症になる可能性が高くなることが挙げられます。また、太りすぎて出産時の出血量が多くなったり、帝王切開出産時の麻酔の効きが悪くなるなど、難産となる要因になり得ます。

痩せすぎた場合の出産の危険性

妊娠中でも太りたくないとの思いから赤ちゃんのためではなく、自分自身の美容やスタイル維持のために体重を増やさないようにする方が近年増えています。これは未熟児として産まれる可能性が大変高 くなります。食べすぎなのは良くありませんが、食べないことにより赤ちゃんに栄養がいかないと2500g以下の未熟児が産まれることになります。5キロ未満の体重増加は赤ちゃんへも影響しますからきちんと決められた食事と栄養はとりましょう。

妊娠中の運動

激しい運動は良くありませんが、歩いて散歩するのは良いことです。これは「赤ちゃんと一緒に何かをしている」という心理になってストレス発散にも良いのだそうです。また近くのジムなどでマタニティスポーツに参加するのも良いでしょう。妊娠中の体重管理は楽しくやる、ということが大切でしょう。