つわり対策について

妊娠中の辛いこと第一位はつわりです。なぜつわりは起こるかは未だに解明されていません。

城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

つわりのレベルは十人十色

つわりはの症状や時期は個人差があり、遺伝もありません。精神的なことから起こると言われていますので、妊娠中は生まれてくる赤ちゃんのことなど考えて気分を上げましょう。つわりの対策は科学的根拠はあまり解明されてはいませんが、行うことで80%以上の妊婦さんが症状が改善されています。そしてつわりがあった妊婦さんは流産の確率が低いと言われています。

つわりのピークと症状

一般的に、つわりのピークは妊娠2ヶ月目~3ヵ月目といわれており、4ヶ月目から大分収まります。また、全くつわりが無い人や軽度の症状や水分さえも体内に取り込めない人もいるなど様々です。つわりの症状として、以下が挙げられます。

・吐き気
・イライラする
・臭いに敏感になる
・口が渇く、唾液が多くなる
・眠気が酷い、または眠れない
・頭痛がする

つわり対策・解消法

食事

・水分をこまめに取る
・食べれるものを食べる
・冷たいものは口当たりがよく食べやすいのでご飯も少し冷やしておく
・枕元に食べれる物を置いておく
・空腹になる前に食事をする
・食事は小分けにして回数を増やす
・ビタミンK、ビタミンCを取ることによってつわりは軽減されると言う報告がある
・ヨーグルトを食べる

日常生活

・昼寝をしたり、横になるなど体を安静にする
・きつい衣服は避け、ゆったりとした衣服を着る
・アロマセラピーで自分の好きな香りでリラックスする

つわりの時期は苺やプチトマトなどでつわりが軽くなったという妊婦さんが多いようです。また食べていれば気持ち悪くならない「食べつわり」の妊婦さんもいらっしゃいます。ガムやキャンディーなどで空腹を押さえましょう。 つわりは安定期に入れば大分軽減されるか殆どの妊婦さんは収まります。つわりを少しでも軽くして妊娠生活を楽しみましょう。

また何も食べていないのに吐き気の症状が治まらない場合はとにかく水分をこまめに取ることを忘れないでください。こまめに水分をとることで同じ吐くにしても大分楽に吐けます。水分を取ることにより多くの妊婦さんが悩まされる妊娠中の便秘解消にもなります。