妊娠中の出血について

妊娠中のトラブルで病院へ駆け込むことで一番多いのが出血です。少量の出血でも必ず病院へ行きましょう。

城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

妊娠中の出血

本来、妊娠中は生理が停止するので出血はありませんが、妊娠初期のトラブルでは出血をする場合があります。出血の原因も、母子に影響あるものから全く赤ちゃんに影響ないものまで様々です。初期の出血は切迫流産になってしまったり、安定期の出血は切迫早産になってしまったりと最悪の事態を招くこともあるのです。出血の量はたとえ少量であってもすぐに病院へ行きましょう。

妊娠中の出血の主な症例

・着床出血
・妊娠月経
・絨毛性出血
・子宮頚管ポリープ
・膣炎・膣びらん
・子宮外妊娠

出血の治療

なんらかのトラブルで出血した際は殆どは安静にするように医師に言われます。場合によっては薬を処方されたり、入院することもあります。また、妊娠中は便秘になることも多いことから、痔になる妊婦さんも多く実は切痔の出血だったということもあります。
妊娠中はどんな小さな出来事も心配であればすぐに病院へ。最悪の事態を招かないために出来るとても簡単なことです。