基礎体温と妊娠

毎日計って習慣化することで妊娠しやすい時期がわかります。基礎体温は排卵日を知るためでなく体のサイクルもわかります。

城本クリニックの徹底取材レポート!

仕上がりの美しさまで追求するキャリア十分の専門医集団!
城本クリニックが選ばれる理由を徹底取材してきました!

基礎体温とは

基礎体温とは一定時間安静の状態である時の体温です。女性はホルモンの働きによって、高温期と低温期がわかります。 基準体温をベースにして0.5度位上昇した高温期の時が排卵日となります。そして徐々に体温は低くなり2週間程で生理になります。 毎日計測することで妊娠しやすい日としにくい日がわかります。

基礎体温表や基礎体温日記のつけ方

基礎体温は一番安静にしている時の体温です。面倒ですが朝目を覚ました時に動かないで計測します。このとき、脇などではなく、舌の体温を計るようにします。また、体温計はデジタルとアナログ(水銀タイプ)があります。妊娠目的で計測するのであれば正確に測る場合は水銀タイプが良いでしょう。水銀タイプの計測時間は約5分です。

体温表は薬局や病院、またネットでダウンロードして印刷できるタイプがあります。 体温表はグラフで記入するようになっています。 書き込む内容は、日々の体温・生理日・セックスをした日・薬を服用した日とその薬・おりものがあった日などたくさんの情報を日記のように毎日書き込んでいきましょう。

基礎体温の生理周期の関係

高温期から低温期になった時に生理になります。生理周期とは生理が始まった日を1日目とし、次の生理の前日までを数えた日数を言います。これを1周期と数え、不妊治療などを目的とする場合には最低3周期ほどの記録が必要となります。